体に良い働きをする菌を食事から取り入れる「菌活」や腸内環境を整えて健康なカラダを手にいれる「腸活」、聞いたことありませんか?最近では腸内細菌の生態系や状態、腸内の細菌を顕微鏡で見るとお花畑に見えることから、お花畑を意味する「フローラ」をつけて、「腸内フローラ」とも呼ばれています。免疫の機能を万全な状態で働かせるためには、腸内環境がとても重要になります。今回は腸内フローラ「食」について見て行きましょう。

< 善玉菌が好む主な食品 >

〇 食物繊維

食物繊維は「腸の掃除役」として知られて、腸内環境を整え、生活習慣病の予防に役立ちます。また便秘の予防にも効果があります。野菜、果物、大豆などの豆製品、海藻など、特に種や皮ごと食べるもの、歯ごたえのあるもの、ヌメリのある食べ物に多く含まれています。

〇 オリゴ糖 (オリゴとはギリシャ語で「少ない」という意味)

フラクトオリゴ糖や乳果オリゴ糖など、たくさんの種類があります。
乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌の餌になることで、腸内環境を整えてくれます。
玉ねぎ、ごぼう、じゃがいも、トウモロコシ、大豆などに多く含まれ、食物繊維とともにオリゴ糖もとれて一石二鳥です。ただし、摂り過ぎるとお腹が緩くなることがあります。

〇 乳酸菌

乳酸菌は、発酵食品(ヨーグルト、味噌、納豆、漬物等々)多く含まれます。乳酸菌を配合した食品も多数あります。菌の種類によって、腸を整えるだけでなく、さまざまな健康効果が報告されています。

〇 グルタミン

腸内で重要なエネルギー源となります。グルタミンが不足すると、腸内に細菌やウイルスが侵入して病気を引き起こしやすくなってしまいます。肉、魚、卵、大豆などに多く含まれています。

生活習慣を見直して腸内環境を改善しましょう。食材が偏らず栄養バランスの良い食事・適度な運動・休息など生活習慣を少し整えるだけで腸内環境に良い影響をもたらします。
腸を若く保つことは、免疫が整う、便秘解消、ストレスにも強くなり健康・美容に、さらに肥満予防などなど様々な効果があります。