冷蔵庫の野菜室に野菜を入れたまま食べるのを忘れ、気が付いたら野菜が黒くドロドロに腐っていた、という経験はどなたでもあると思います。実は普段食べている野菜に「枯れる野菜と腐る野菜」があるのをご存知でしょうか。今回はそれら野菜の違いを見て行きましょう。

< 枯れる野菜は自然界の植物 >

自然界では植物は腐りません。植物である以上は「枯れていく」これが本来自然の姿です。

農薬もなければ肥料もない、そうした環境で育つ植物は腐ることなく枯れて行き、自然界が教えてくれています。つまり食べものを選ぶ際は、「自然に添っているか否か」このことを基準に判断する必要があります。とは言えそうした「枯れる野菜」を日頃手に入れることは困難です。理想は小さな畑でも借りて自作することが理想といえますが、現実的には難しいでしょう。良い土壌で農薬も化学肥料(動物性肥料)も使用しない「枯れる野菜」が私たちの身体にやさしいですね~。

< 腐る野菜は人工的な植物 >

知識として私たちは「無農薬・有機肥料」等の野菜を・・・と理解していますが、スーパーなどで手にする野菜は虫の食っていないきれいな野菜を選んでいます。しかしそうした野菜には虫も近づかない農薬が散布されていることが多くあります。農家の方々も虫の食った野菜は売れないという理由で農薬を使用します。

更に、家畜の糞尿などの排泄物が大量に入れば、土中の微生物のバランスが崩れてしまいます。また現在の家畜の糞尿はホルモン剤や抗生物質などの薬剤が混入している場合がほとんど、おのずとその成分を野菜が吸ってしまうことに繫がります。

チッ素・リン酸・カリ以外にも動物性肥料を使用し、また遺伝子組み換え操作等の肥料を使用することで「腐る野菜」ができます。「無農薬だから安全」と無条件に決めるのは無理があります。

以上、枯れる野菜と腐る野菜について、より一歩踏み込んで野菜の情報を紹介させていただきました。腐る野菜はいけないという主旨のものではありませんが、皆様の体に入るもの、留意して頂ければと思います。このことを知ることで野菜を洗うときひと手間加われば幸いです。